女性のコツ

最もアルコールを消費するトップ国

Pin
Send
Share
Send
Send


多くの人にとって、アルコールは生活の不可欠な部分となっています。幸いなことに、一部の人は休日と適度にだけアルコールを使います。しかし、それでも、国によっては、多くの人がよく飲みます。そして、それらのうちどれが最も「酒飲み」と呼ぶことができますか?

誰が一番飲みますか?

最もよく飲んでいる上位10カ国:

  1. ベラルーシ共和国この国はほぼ全世界で最も酒を飲む人の一人です!近年の一人当たりのアルコール消費量は約17リットルです!一年に一人の男が、なんと27〜28リットルのアルコールを飲むことができます!しかし、研究者はアルコールの違法生産の規模、すなわち自家醸造を推定することができず、ベラルーシ人はおそらく大量に醸造するため、実際のデータははるかに高いと思われます。
  2. ハンガリーハンガリー人が「アルコールのグルメ」と呼ぶのは難しい。なぜなら、彼らは自分たちのアルコールの選択において完全に選択的だからである。好きな飲み物はないので、ワイン、ビール、ウォッカ、チンキなど、事実上すべてが使われています。この国の年間平均1人の居住者は、約13.5リットルのアルコールを飲みます。この場合、男性は女性よりもはるかに頻繁にそしてより多くを飲みます。彼らは年間20リットル以上のアルコールを消費することに成功していますが、弱いセックスの代表は家族全員に限られています。ちなみに、ハンガリーはブドウ畑で有名です。おそらく、多くの住民が、ここでは飲まないのは不可能だと信じています。
  3. チェコ共和国この国では彼らはまたたくさん飲んで飲んでいます。 1人当たりの年間アルコール消費量は約15〜16リットル(男性1人あたり約19人、女性1人あたり約8人)で、かなりの量です。そしてチェコ人は特にビールが大好きです、この国がこの泡立てた飲み物と世界中の多くの国に製品を供給するその醸造所で有名であることは不思議ではありません。ちなみに、ここでは最も人気のあるおいしいビールが醸造され、それから「ピルスナー」という言葉が現れました。これは「ピルゼン」と大まかに言い換えられます(ピルゼン市は国にあります)。しかし、価格はかなり合理的なので、人々はモルトやホップの味と香りを楽しむ喜びを否定しません。
  4. モルダビア。きっと彼らの人生の少なくとも一度は誰もがモルドバワインを飲んでいた。しかし、この国の居住者はたぶん定期的に飲んでいるでしょう。なぜなら、平均して15歳以上の人は17リットルのアルコールを飲むからです(男性は25人、女性は9人)。おそらく、ソビエトの「乾式法」はいまだにここで覚えられているか、あるいは再び導入される可能性があることを経験しています。
  5. ポルトガルこの国では、一年中暖かく晴れているため、ブドウ畑は「イースト上」のように成長します。そしてポルトガル人がそれを使って、ブドウからワインや他のアルコール飲料を作り、それが食前酒や鎮静剤として毎日使われているのは嬉しいことです。少量では、そのような飲み物は役に立ちます、しかし、国がトップに入ったならば、それは彼らが彼ら自身を制御する方法を知らないことを意味します。ちなみに、ビールはそれほど費用がかからないため、愛されているだけでなく酔っています。
  6. スロバキア彼女もまた、チェコ共和国の隣人から遠く離れていませんでした、彼らもここで飲むのが好きです。 1人当たりの年間アルコール量が13〜14リットルであるのも不思議ではありません。そして女性が自分自身を制限する(彼らが平均6リットルを飲む)なら、男性は、彼らが毎年20リットルを飲むことをどうにかしているので、たぶん毎日、彼ら自身が弱くなるのを許します!
  7. ウクライナこの国は、ほとんどの酒飲みのリストにも含まれています。平均的なウクライナ人は、年間およそ17〜18リットルのアルコールを摂取します、そしてそれはかなりたくさんあります。ちなみに、国民的な飲み物は、ゴリルカです。これは、ロシアのウォッカとよく似ています。あなたが文書や証言を信じるのなら、それは遠いXVII世紀に現れました。その当時は「ホットワイン」と呼ばれていましたが、要塞がはるかに高いため、ワインのように味わうことはできません。そしていくつかのアルコール製品は世界中で知られています。だから、人気のブランドはNemiroffです。
  8. ロシアロシア人は飲む方法を知っています、誰もがそれを知っています。そして時々彼らはただ国がトップに入ったことのために、止めることができません。平均して、一人あたり年間約15〜16リットルのアルコールが消費され、男性はたくさん飲んでいます。約23リットル!ロシア人の間で最も人気のある飲み物はビールであり、それは特に男性に愛されている、それは彼らが急速に体重を増やしている理由です。しかし、女性も、良い会社で1本か2本のボトルをなくすことを嫌いません。人気の2番目の場所で最強の飲み物 - ウォッカです。彼女はほとんどすべてのごちそうを走っている。しかし、統計が示すように、ロシア市民はますますワインを飲み始めました。しかし、喜んでもしなくても、この飲み物は対策を知らなければ有害であるため、知られていません。
  9. アンドラこの素晴らしい国では、非常に多くのより面白くて役に立つ活動のごちそうのほかに、年間約14リットルのアルコールが飲まれているようです。そして男性は女性よりもはるかに多くを飲んで、彼らは最大20リットルを消費します(女性はわずか8に制限されていますが)。
  10. リトアニアこの国では、あらゆる平均的な市民が毎年約16リットルの純粋なアルコールを飲みます(当然のことながら、アルコール飲料の一部として)。ここでは様々な飲み物を飲みますが、ほとんど国民的なものです。それは蜂蜜、水と酵母から作られています。合計で、国は3種類のミードを生産しています。しかし、ここにはたくさんの蜂蜜があるので、他の飲み物、例えば蜜、香油、チンキ剤も基本として作られています。たぶん、それは非常においしいです、そしてそれ故にリトアニア人は彼らがいつもその措置に従わないように中毒になっています。

興味深い事実

そして最後に、世界およびさまざまな国のいわゆるアルコール文化についての興味深い事実がいくつかあります。

  • 世界保健機関(WHO)によると、アルコール消費の危険率は8リットルです。しかし同時に、世界全体の平均消費量は10リットルです。つまり、文字通りすべての国でアルコールが乱用されています。そしてそのような統計はとても悲しいです。
  • 現在、アルコールは毎年何百万もの命を奪います!だから、彼らは暴力、肺炎、エイズよりもはるかに頻繁にそれから死にます。想像してみてください。アルコールを乱用して、文字通り自分の手で自分自身を殺してしまう人が多いです。
  • 世界の人口の約45〜48%が、一生に一度もアルコールを飲もうとしていない。そしてあなたがこの事実を考慮するならば、それは飲酒者がとにかく虐待されているということが判明します、そうでなければ指標はそれほど重要ではないでしょう。
  • 国によって飲み物は異なります。例えば、スペインでは、フランスとポルトガルはとてもワインが好きです。おそらくここには多くのブドウ園があるからです。スイス、ブルガリア、ベルギー、ドイツでは、住民はビールとワインをほぼ同じように愛しています。
  • 北に行くほど州は、より強い飲み物が使用されています。そして、それらはノルウェー、ロシア、ウクライナ、フィンランド、アメリカ、カナダ、スロバキア、チェコ共和国、日本そしてイギリスのような国々で特に酔っています。たぶん、これはこれらの国の居住者が強いアルコールがウォームアップに役立つと信じているという事実によるものです。そして、これは本当です、なぜなら飲んだ後にそれが暖かくなったという感覚があるからです。しかし、多くの人々は中毒状態で凍死しているので、そのような感情はしばしば虚偽で危険でさえあります。

今、あなたは彼らが最もよく飲む国を知っています、そして、どの飲み物が彼らの住民によって特に愛されています。

データ変更

正確なアルコール消費量を判断するには、一人当たりの純アルコール消費量を計算する必要があります。非常に酔っている飲み物があるので私達は「純粋な」について話しています、そして人の少しだけ楽しい人たちがいます。評価リストの作成には、世界保健機関のデータが使用されました。情報を計算するための最低年齢は15歳です。

地域要因

すべてのアルコールのほとんどはヨーロッパと北半球の州で消費されています。最も高い率はベラルーシ、リトアニア、チェコ共和国、アイルランド、フランスによって与えられます。アジアの国々、アフリカの国々および太平洋の近くに位置するそれらの国々は、かなり少ないアルコールを消費します。この記事はアルコール依存症のレベルについてではなく、国内でどれだけ純粋なアルコールが消費されているかについてのものです。このアプローチのおかげで、得られたデータは可能な限り客観的で偏りがありません。

文化的影響

その人が住んでいる国によっては、彼らのアルコール摂取量に依存するかもしれません。例えば、ヨーロッパではアルコール飲料が多くの国で生産されているので、彼らは飲み物が好きです。またすべての州でそのアルコールがあります、そしてそれは国民的であると考えられます。ロシアでは、それはウォッカです。それが純粋なアルコールをたくさん含んでいることを考えると、この状態はおそらく一般的なリストの一番下からかけ離れています。気象条件も重要な要素です。永久凍土が一定の場所では、人々は「凍らないように」するためにより頻繁に飲んでいます。ただし、この効果は単なる幻想であることを理解しておく必要があります。

国のランキング

トップ10:ベラルーシ、モルドバ、リトアニア、ロシア、ルーマニア、ウクライナ、アンドラ、ハンガリー、チェコ共和国、スロバキア。一人当たりの純アルコールの消費量は17.50から13リットルです。

2番目の10人:ポルトガル、セルビア、グレナダ、ポーランド、ラトビア、フィンランド、韓国、フランス、オーストラリア、クロアチア。アルコール消費量は12.90から12.20リットルです。

最後の5つのトップスタンプ:アイルランド、ルクセンブルク、ドイツ、スロベニア、イギリス。アルコール消費量は11.90〜11.60リットルです。

結論

アルコールはコーヒー、紅茶、ジュース、ココアなどと同じように世界中で人気があります。アルコールカクテルの効果は、人がどれだけ飲むかによって、悲惨なことになる可能性があります。一見したところ、人々によるアルコールの消費は不安のさらなる理由を引き起こさないが、一人当たりのアルコールの消費量に関して追加の研究が行われるべきである。

データはアルコール飲料の使用の安定性に基づいているのではなく、1人当たりの純アルコールの量が何リットルかに基づいていることを理解してください。

アルコールカクテルは体内の神経系、脳、肝臓、その他の臓器に悪影響を与えることを忘れないでください。したがって、その使用は完全に放棄することをお勧めします。

さまざまな国で人々が飲むもの

世界のさまざまな地域でさまざまな種類のアルコール飲料を使用することに注意してください。フランス、ポルトガル、スペインでは、ほとんどがワインを飲みます。ビール、ワインはドイツ、ブルガリア、ベルギー、スイスなどの国々でも同様に高く評価されています。国の北部では、それだけスピリットを消費します。これらには、チェコ共和国、カナダ、スロバキア、デンマーク、アメリカ、イギリス、フィンランド、ロシア、日本、ノルウェーが含まれます。

あなたは世界の人口の約48%がアルコール飲料に触れたことがないことを知っていますか?

WHOによると2018年に世界のビールの評価

世界保健機関(WHO)は、世界の人口の健康に関する研究を定期的に実施し、評価を発表しています。例外ではなく、アルコール依存症の問題でもありません。組織によると、アルコールは死亡率を直接的または間接的に高める3つの主な原因の1つです。同時に、一人当たりのアルコール消費量は年々増加しています。アルコールの消費量に関する情報は、その販売を管理している組織からWHOに届きます。

表:2018年の初めにおける飲酒状態の統計

一般的な考えに反して、貧困のために大量のアルコールは消費されません。 これは、上記の格付けから明らかです。そこでは、席のごく一部が発展途上国に属しています。 WHOによると、ヨーロッパの多くの国々で安定した高い利率が残っています。その理由は、生活水準の高い国々での雇用の低さと手頃な価格のアルコールです。専門家によると、先進国の5人に1人の居住者は慢性アルコールです。

格付けの主要国は、酔っ払いの理由とその予期せぬ分布の両方のために一般的な見方から際立っている。ウクライナでは、政治的変化と経済的不安定のため、アルコール市場はほとんど支配されていません。これらの理由は、飲む人の数を増やすのに役立ちます。ベラルーシでは、近年、以前存在していた抗アルコール依存症システムは事実上排除されました。確かに、2018年半ばに、政府は新しい大規模なアルコール防止キャンペーンを開始することを決めました。

ほとんどの飲酒国:ワシントン大学とメリッサゲイツ財団の統計

WHOだけでなく、研究を行っている:2018年9月上旬に、アメリカの科学者たちは医学雑誌Lancetに掲載されたアルコール愛好家のランキングをまとめました。国データは、アルコールを使用している人の性別によって異なります。標準的な測定単位は、「飲み物」 - 100ミリリットルの赤ワインまたは30 - 強いアルコールでした。

平均して、より強いセックス担当者は1日に1.7ドリンク、すなわち170 mlのワインまたは51 mlのより強いアルコールを飲みます。男性用飲料の数の最初の3つの場所は次のとおりです。

  • ルーマニア - 1日当たり8.2コンディショニングドリンク(820 mlのワインまたは246 mlの強いアルコール)
  • ポルトガルとルクセンブルク - 1日あたり7.2杯の飲み物(720 mlのワインまたは216 mlの強いアルコール)、
  • リトアニアとウクライナ - 1日7飲み物(700mlのワインまたは210強のアルコール)。

女性の場合、統計ははるかに控えめなものです:平均して、世界の美しい女性は一日あたり0.73の飲み物を消費します。これは73 mlのワインまたは21.9 mlの強アルコールに相当します。アルコールを飲んでいる女性の数によって支配されます。

  • ウクライナ - 1日あたり4.2ドリンク(ワイン420mlまたは強アルコール126ml)、
  • アンドラ、ルクセンブルク、ベラルーシ - 1日3.4ドリンク(340 mlのワインまたは120 mlの強いアルコール)、
  • スウェーデン、デンマーク、アイルランド - 1日あたり3.1杯の飲み物(310 mlのワインまたは93 mlの強いアルコール)。

興味深いことに、ワシントン大学によると、最も穏やかな男性はパキスタンに住んでいますが、女性はイランに住んでいます。

世界で最も飲酒の多い国は私たちの隣人とヨーロッパの国々です。しかし、ロシアではまだたくさん飲んでいます。しかし、過度に飲酒しているアメリカ人の居住者は見られません。

世界の飲酒国:力学と統計

これらのデータはWHOの専門家によって毎年集められています、それは全体的な依存度と消費されたアルコールの割合を見つけるのを助けます。

この格付けは、アルコールの販売を管理している団体からのデータと、いわゆる世界の第三国での消費を記録している民間の情報源に基づいています。

10年以上の間、東ヨーロッパの州は、かつてのソビエト共和国から形成され、リストの先頭に立っています。ロシアはほとんどの場合数十を飲んでいる最中です。

世界はもっと飲み始めました。 WHOが1961年以来行っているこのような統計は、これらのデータに基づいてアルコールの蔓延に対抗するための特別なプログラムを開発したものです。しかし、ほとんどすべての国が飲酒または飲酒禁止の規則を受け入れています。

要約は、純粋なエタノールの飲酒量だけではなくまとめられています。輸入または購入されたすべての製造アルコールが考慮されます。同時に、原則として、主要な領土自体では、人口は飲酒が国家問題であるとは考えていません。

2018年の世界で最も飲酒している国の統計によると、封じ込め政策により、経済的境界が開いている国ではアルコールの消費量が大幅に増加しています。研究の説明の中で、WHOはこの状況に対する理論的根拠を提供した。組織は、国で消費されると考えられているアルコールの多くは、最初の3つは飲むために購入されていないことを指摘した。ほとんどの場合、このような売却はさらなる流通を目的として行われます。

世界ランキングに含まれている一定の州は、いわゆる軽いアルコール(ワイン、ビール、地元のフルーツブラッグ)の消費文化が非常に発達した国のままです。オーストリア、スロベニア、ポーランド、イタリアなどが、1人当たりの低アルコール飲料の消費量として、別の統計的リストをリードしています。今年は、アフリカと韓国の国々が参加しました。

一人当たりのビールの消費量(2018年)

世界で最も飲まれている国トップ18

世界的なアルコール消費量は地球上で上昇しています。 2018年には、15歳以上のすべての人のために、年間6.6リットルの純粋なアルコールがあります。 2014年以来、この数字は0.2%増加しています。

経済が力強い国々を考えると、専門家は居住者の5分の1が慢性のアルコール依存症であることを発見しました。ヨーロッパは、5年間、体系的な酔いの影響で自殺の主導的地位を占めています。ここで自分の命を奪うための4回の試行はすべて飲酒に関連しています。

今年のランキングは、ほぼ完全にヨーロッパとソビエト後の国々によって提示されています。世界リストオーストラリアのトップ18を閉じます。彼女は最初にアルコールへの関心が高まった20カ国にやって来ました。

そして2018年に世界で最も飲酒している国はベラルーシであり、ここではあらゆる種類の飲料の消費の割合が増加しています。

18ライン評価3年前、この州はトップ30の飲酒者でした。しかし、地元のワインやビールの種類が広く普及しているため、カンガルーの国は先住民の間でアルコール依存症の問題に直面していました。 Здоровье многих из них пошатнулось настолько, что на некоторых территориях пришлось ввести для местных индейцев принудительное лечение пьянства.

Словения и Дания

17 и 16 место. Традиционно страны имеют одинаковый показатель алкоголизации населения. В этих государствах пиво не считается алкогольным напитком, его продажа разрешена лицам с 15 лет. Часто начинают употреблять алкоголь гораздо раньше. Примечательно, что местное здравоохранение не считает эти национальные традиции угрозой. Многие лекарства производятся на основе пива и производных.

15 место. この州の領土の3分の2はブドウ畑で占められています。ワインはイタリアよりもここで作られています。このアルコール飲料は国宝と見なされ、どこにでも飲まれています。ハンガリーはヨーロッパで唯一の酔っぱらった国です。刑事訴追は体系的にアルコールを使用した場合にのみ始まり、事故による死亡につながります。

ポルトガル

14位この国は、低アルコール愛好家が住んでいる地域のリストを閉じます。私たちが国の港をよく覚えているという事実にもかかわらず、ポルトガル人は地元のワインとビールを好みます。それはブドウ糖の添加で作られるので、後者はスロベニアとチェコよりおいしいと考えられます。

13位スペインのワインは頻繁に輸出品です。過去2年間で、強いアルコール摂取の割合が増加しました。グレープウォッカと密造酒はスペイン人のテーブルの上の主要な場所を占めました。過去1年間で、飲酒を提唱する社会が国内で流行しています。このようにしてワイン生産者は強いアルコールを作る人々と戦おうとしていると多くの人が信じています。

12位古典的なアイルランドのウイスキーは、世界に住むアイルランド人1人当たり、年間最大30リットルを生産します(!)。その国で4年間、暴動が起きました。そして今日、地元の生産者は、麦芽と蒸留物をベースにした様々なアルコール含有飲料の製造において世界的に高いレベルに達しています。

11位以前と同様に、飲酒がどこでも許可されている欧州連合の唯一の国。地元の飲み物や輸入された飲み物はとても人気があるので、高校の授業でそれらについて教えられます。当局は、そのような意識が若者が正しい選択をし、アルコールを飲むのを止めるのを助けると信じています。

フランスとイギリス

10と9のライン定格。これらの国々は絶えず高いアルコール評価を得ています。地元の伝統的なアルコール飲料の製造と消費は、国家の始まりに由来しています。これらの国のレシピの半分以上はワイン、ビール、ウイスキーなどに基づいています最近まで、宗派によっては生後1年目から子供たちがワインを普通に使うことを考えていました。

韓国

8位アジア諸国はしばしばアルコール統計に陥りません。英国は、ウォッカ、密造酒、チンキ剤、リキュールなど、ヨーロッパの非常に飲み物の生産と消費にこのような注意を払う義務があります。 10年前、この国での飲酒は完全に禁止されていましたが、規制の解除によりアルコール依存症が発生し、政府は禁酒法の復活について話を始めました。

7位ワインと太陽の国は常に10の最も飲酒国の一つです。ここでは、ソフトドリンクとしてアルコール飲料が使用されています。驚くべきことに、かなり高い評価を得ているイタリアでは、酔っている人はほとんどいません。しかし、ここでは精神の常用飲酒者の割合が高率に達しました。統計によると、イタリアの成人は3人に1人が慢性的なアルコール依存症です。

6位5年前の私たちの国は、世界でトップ5の飲酒国のひとつでした。一般的に、ロシア人はより少なく飲むようになりました。専門家はこれを人口の一般的な貧困に帰している。悪い習慣との闘いにおける小さな役割ではないが、健康的なライフスタイルを開発するためのプログラムです。

トップ5を閉じます。この小さな国の居住者はすぐにかなり悪い業績に反応しました、地方議会はほんの数日でアルコール依存と戦うためのプログラムを承認しました。来年から、あなたは20歳に達することによってのみアルコール飲料を飲むことができます。その国ではアルコール広告は完全に禁止されます。アルコールなしの時間の概念を導入しました - 2-3平日とすべての休日、あなたはどこでも飲み物を買うことができません。

安定した4位を占めています。国の位置は5年間変わっていません。制限も宣伝も、アルコール依存症を止めるのに役立ちません。ほとんどの人はここでビールを飲みますが、強いアルコールはそれと同等です。

この国は初めてトップ3に入りました、通常それは2番目の10にランクされました。これは、アルコール飲料の消費に対する年齢制限がなくなったことによるものです。 16歳以上のエストニア人は誰でも飲めます。この措置が外国人にも当てはまることは注目に値する。このバルト海の国でのアルコールツアーは頻繁な観光になりました。

2位。不況の結果は、アルコール飲料のほとんど規制されていない市場の結果として得られました。今日の自家醸造とワイン造りの伝統が強い国では、4歳から25歳未満が慢性のアルコールと見なされています。

1位ランキング純粋なエタノールの最高相対消費量。回答者の半数近く(47%)が、強いアルコール飲料を週に2〜3回飲むことを確認しています。過去3年間で、抗アルコールシステムはほぼ完全に破壊されました。そしておそらく、消費データは非常に過小評価されています。

アイルランド

アイルランドの人々は強い飲み物と適切な娯楽への愛情で有名です。彼らは地元のアルコールを好み、どのアルコールよりも年間12リットルまで飲むことができます。

チェコの文化はアルコールの生産とその消費に密接に関係しています。ここでは年間約12リットルの濃いアルコールが飲まれていますが、その国で有名なビールは数えられません。

5.クロアチア

18歳以上のお一人様あたり平均12リットルのアルコール - この数字はヨーロッパの記録です。クロアチア人は一貫して世界で最も飲酒の多い国のランキングの最初の場所を占めていますが、後ろで彼らはアルプス地方の先住民を吸います。

9.ベラルーシ

ベラルーシ人は、ロシア人の最も近い親戚として、アルコール依存国のトップ3リーダーを開きます。年間を通じて、平均的なベラルーシ人は12リットル以上の濃いアルコールを飲みます。この数字は近隣諸国のそれよりも高い - ロシアとウクライナ。

現在EUにある、もう一つのソ連の破片は、ベラルーシの後ろで息を吐きます。北部のメンタリティとロシアの遺産により、一人当たり年間平均15リットルのアルコールが飲まれています。

2011年には、ロシアの一人当たりのアルコール消費量は、一人当たり年間記録で15.76リットルでした。しかし、2016年までに、この数字は年間14リットルに穏やかに減少し、ロシアは他のヨーロッパ諸国と同等になりました。

Pin
Send
Share
Send
Send

lehighvalleylittleones-com