女性のコツ

ボーア:ホウ素の利点と特性がなぜ必要なのか

この元素は比較的最近発見されました。 19世紀の初めに数ヶ月の違いで、ホウ素はフランス人とイギリス人の化学者によって得られました。自然条件下では、微量元素は塩で表され、その純粋な形では存在しません。産業および作物生産における元素の特性が注目され使用されています。

異なる製品で鋼の表面を飽和させると、ロケット製造、原子および化学産業、ガラス製造で活発に使用されている温度と硬度の上昇に安定性が追加されます。

植物形成の時期に成長を活性化しそして病気を排除するために、ホウ素が肥料として使用される。この記事で説明するように、人体にとって、このマイクロエレメントはそれほど重要ではありません。

アイテムが必要

なぜホウ素は体を必要としますか?その中で発生している多くのプロセスを正規化する物質の有益な特性は人間の健康に有益な効果をもたらします。例えば、

  1. ホウ素は内分泌腺の働きの正常化に積極的に関わっています。マグネシウム、フッ素およびカルシウムを含む人間の骨格系に関与する要素の代謝過程を促進することによって、それは骨格をより強くそしてより質的に構造的にする。
  2. この要素は性ホルモンのレベルを高めるのを助けます。そして、それは骨装置を維持するために、特に更年期の女性のためにそれほど重要ではありません。その影響下で、ビタミンDは変換され、カルシウム吸収が促進されます。ビタミンやミネラルのサプリメントの一部である臭素の追加摂取は、筋骨格系の病気と戦うことを可能にします。骨格系の正常な状態に必要です。
  3. この物質は、酵素活性の調節、核酸の形成およびそれらの通常の代謝にとって重要です。身体はホウ素欠乏のタンパク質を形成することができず、それはその組織の成長と再生に悪影響を及ぼす。
  4. ホウ素は、カルシウムと相互作用すると腎臓結石の形成および腎臓結石の発生をもたらすシュウ酸塩の数を減らすのに不可欠である。

ホウ砂、ホウ酸などの形態のその化合物の医学における長期使用にもかかわらず、身体中の元素の存在およびそれが健康的な生活のためにどのように必要とされるかが最近知られている。

それは人体のすべての構成要素(脳と筋肉、リンパ節と肺、腎臓と肝臓)に見られますが、それは特に骨と歯のエナメル質で流行しています。増加したホウ素濃度は、生まれたばかりの幼児の血漿中に見られる。物質の化合物は、以下にさらされる可能性があります。

  • 抗炎症性
  • 抗腫瘍、
  • 脂質低下

したがって、ホウ素を含む薬は、次のような病気の治療のために医師によって処方されます。

  • 骨粗鬆症
  • 骨のフッ素症、
  • 関節炎
  • てんかんの初期段階。

全体としての人間の健康に対するこの要素の治療効果は非常に重要で多面的です。

要素を補充する方法

身体を物質で飽和させる最も簡単な方法は、それを含む製品を食べることです。これの源はハーブ製品です。食事療法の準備において優先権が与えられるべきである:

  • ナッツと豆、大豆、
  • プルーンとりんご梨
  • トマトと根菜類
  • グレープレーズンとデート、
  • はちみつ
  • シーフード、
  • ビールと赤ワイン。

ところで、飲料水は時にホウ素で飽和されていることが注目されています。例えば、イスラエルの居住者にとって、この地域では水に含まれる物質の含有量が多いので、関節の問題はほとんど知られていません。要素が不足している国は、関節炎や関節炎の低レベルの疾患を誇ることはできません。

物質の毎日の割合とその違反

その有用性にもかかわらず、ホウ素の基準からの逸脱は健康に有害です。科学者たちは、身体が正常に機能するためには、日中に1〜3ミリグラムの物質を摂取する必要があることを発見しました。不足していないように、少なくとも0.2ミリグラム、ビタミン - ミネラル複合体または食事療法によって補充されなければならないでしょう。 4グラムの投与量は有毒と見なされます。

要素の冗長性 体液の喪失や重篤な症状の悪化に関連して、次のような望ましくない結果を招く可能性があります。

  • 嘔吐と下痢、
  • 乾燥肌の発疹、
  • 貧血と混乱
  • 食欲不振および急速な体重減少
  • 皮下脂肪の萎縮と消失
  • 脱毛と皮膚の衰弱。

そのような場合、有資格の専門家の助けを借りて体内へのホウ素の侵入を制限するための措置が取られる。

ホウ素欠乏 人間の体内ではまだ研究されているとめったに固定されています。実験室での研究は、その欠乏が以下の逸脱につながることを示します:

  • 成長遅延
  • ホルモンの不均衡
  • 女性の病気
  • 関節損傷
  • 尿路結石症、
  • 反応が遅い
  • 注目を集める

元素の不足分を埋めることは、適切に選択された食事とホウ素を含む薬の服用の助けを借りて非常に簡単です。医師に相談してください。

環境や家電製品とは異なる方法で体内に物質を浸透させます。たとえば、いくつかの業界で働いている間、そしてそれらの隣に住居があるかどうか。鼻咽頭内の本物質の化合物を適度に摂取しても、粘膜刺激の形で反応を引き起こします。

高度の大気汚染では、ホウ素誘導体は非常に有毒であるため、肺に重大な損傷を与えます。水や食物の使用と同時に、洗剤や場合によっては化粧品さえも使用します。製品中に、それが消費されるとすぐに要素が吸収され、腎臓を通して排除されます。そしてその濃度が高ければ、胃腸管への刺激が起こり、続いて慢性疾患が起こります。

皮膚と接触すると、ホウ素はその刺激を引き起こし、大量になるだけであることは注目に値します。接触を除いて、皮膚は正常です。世界保健機関(WHO)は、元素の突然変異の欠如と発がん性の存在を確認しており、毎日の消費の規定された規範の範囲内で人間の健康にプラスの効果をもたらしています。

微量元素ホウ素

Borは19世紀の初めに有名なフランスの化学者、Joseph Gay-LussacとLouis Tenardによって発見されました。科学の世界では通常そうであるように、発見は唯一のものではありませんでした。文字通り数ヶ月でイギリスの化学者、ハンフリーデービーもまた幸運でした。

この元素は非金属を指し、その特性は異なります - 明らかに異なります。ホウ素は、灰色がかった黒または暗褐色の粉末であるかもしれませんが、およそきれい ほう素 化学百科事典では無色であると書かれています。科学者たちは、自然界にはホウ素に多くの修飾があると信じていますが、ほとんどの場合、それはホウ酸の天然塩の形で見つけることができます。

ホウ素は最も重要なミネラルの一つです。、そして多くの便利なプロパティを組み合わせたものです。

工業用コンパウンド ボラ:それらはより硬くそして非常に高い温度に耐えるように鋼材の表面で飽和しています、ロケットと原子炉はまた追加で造られます ボラ化学とガラス産業はそれなしでは成り立ちません。

なぜ我々はホウ素が必要なのですか?ボラの恩恵

生き物にはホウ素が必要です:植物、動物そして人間。植物が足りない場合 ボラそれから土壌が全くなければ、それらは成長が乏しく、開花し、しばしば様々な病気に苦しんでいます。 ボラそれから植物は死にます。

役割 ボラ 動物に関しては、科学者はまだほとんど知らないが、それはそれらの多くの体に含まれている。

男に ほう素 骨組織に含まれ、その形成に積極的な役割を果たす:それはそれを強くし、骨粗鬆症のようなそのような深刻な病気から私たちを守ります。


ホウ素は関節にとって非常に重要です:その欠乏により、関節炎と関節症が急速に発症する。これは、十分な土がない地域では ボラ、共同問題を抱えている人の数は6〜7倍 ボラ 十分

ほう素 通常、それは健康な骨に必要な男性と女性の性ホルモンのレベルを維持します、それが骨粗鬆症がしばしばこの特定の時期に発症するので、女性が特に閉経中にそれを必要とする理由です。

ありがとう ほう素ビタミンDは変換されて体内で作用するため、カルシウムはより吸収されやすくなります - そして骨にも必要です。

ホウ素は酵素プロセスに加わるそれは彼らの形成を遅らせ、彼らの活動を調整することができます。彼はまた、通常の核酸代謝を維持しています。彼の参加により、化合物が形成され、それから核酸自体がその後合成されます。そしてタンパク質合成は、私たちの細胞や組織を再生するプロセスに必要なものです。

過剰ホウ素

ホウ素は免疫毒性元素です。有毒な有害物質には、オルトホウ酸や酸化ホウ素があります。

適度に短時間ホウ素化合物で汚染されている空気の吸入は、目や鼻やのどに刺激を与えます。気体化合物の吸入は、発作、筋肉痛、精神障害、複視(複視)を引き起こす可能性があります。

高用量のホウ素の短期間の摂取は、消化管の刺激、長期のホウ素性腸炎、消化過程の慢性的な混乱、およびホウ素中毒を引き起こします。

米国で行われた研究からのデータによると、ホウ素化合物との皮膚接触の後に重大な影響はなく、悪性腫瘍の可能性を高める発がん物質として分類されませんでした。

過剰なホウ素の原因は過剰摂取です。

症状 過剰ホウ素

  • 消化器系の障害:下痢、嘔吐、吐き気、
  • 皮膚の炎症 - 皮膚炎、
  • 昏睡。

  • 食欲不振
  • 胃腸障害:吐き気、嘔吐、下痢、
  • 体の脱水(水分損失)
  • 発疹、
  • 性的活動の減少
  • 脱毛
  • 貧血、
  • 多形性乾燥紅斑。

ホウ素とは何ですか?

ホウ素製剤は、抗炎症剤および抗腫瘍剤として、そしてまた骨粗鬆症の治療薬として処方されている。なぜなら、ホウ素は骨組織中に大量に見出されるからである。だから、我々はホウ素が必要です:

  • 交換プロセスとマグネシウムとリンの変換を維持する。
  • 中枢神経系や脳内で起こるいくつかのプロセスに参加します。
  • 筋肉組織の正常な状態を維持します
  • 甲状腺に対するプラスの効果。

という証拠もあります ホウ素製剤 インスリン依存性糖尿病患者の症状を改善し、甲状腺中毒症患者の症状を軽減します。ホウ素微量元素が子供や青年の成長を促進し、平均余命を延ばすことを確認する研究があります。

不足して ボラ 関節炎や関節症が発症する可能性があります。閉経中に女性の食事中にホウ素が不足すると、骨粗鬆症が発症する可能性があることにも注目することは興味深いことです。事実は、ホウ素が骨と健康の原因である女性と男性の性ホルモンの正常なレベルを維持するということです。ホウ素は私たちの脳にとって非常に重要です。不足あり 微量元素ホウ素 人々は分散し、集中できず、反応が遅くなります。

ホウ素はどこですか

ホウ素源 - これは主に野菜製品です。微量元素のホウ素は、洋ナシやリンゴ、ブドウ、ニンジンに含まれています。十分量のビート、ナッツ、プルーン、マメ科植物、ナツメヤシおよび蜂蜜で十分な量のホウ素のストックを補給することもできます。また ほう素 伝統的な方法で製造されたワインやビールに含まれています。

入場料 ボラ 体内 - 1日1〜3 mgバランスの取れた食事では、ホウ素欠乏症は非常にまれです。閉経期の女性は、尿路結石症に苦しむ人々と同様に、より多くのホウ素を必要とすることに注意してください。

過剰ホウ素欠乏症のように、それはまれであり、健康にとってかなり危険であると考えられています。ホウ素化合物は有毒であり、刺激を引き起こす。飲み込むと、胃や腸の炎症を起こすことがあります。ほう素は腎臓によって急速に吸収され排泄されます。

毎日の必要性

生理学的ニーズは 0.3 mg 1日あたり(平均1〜2 mg / 24時間)〜 3 mg。さまざまな食事療法はあなたが簡単にホウ素の必要性を提供することを可能にします。

男性のための毎日の必要性 0.6〜1.5 mg女性用 1〜2 mg.

女性には、閉経中の骨粗鬆症の発症を予防するため、および尿路結石症になりやすい人々には、サプリメントの摂取が推奨されています。

ホウ素が筋肉組織を正常な状態に維持し、そしてまたその成長に寄与するという事実のために、運動選手におけるこの微量元素の一日量は増加されなければならない。 2.5〜3 mgまで 一日あたり。

成人のホウ素の安全平均一日量の上限は 13 mg.
毒性量 - 4 g.
致死量はまだ決定されていない。

体内の機能

今日まで、体内におけるこの微量元素の生理学的役割はほとんど研究されていない。しかしながら、すでに確立されている一連の事実でさえ、身体に対するホウ素の価値が極めて重要であることを示唆している。

ホウ素が以下の機能を果たすことが確立されている。

  • 骨構造の改善
  • フッ素、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、リンの交換性が向上
  • 腎臓を通してマグネシウムとカルシウムの損失を防ぐ
  • 副ホルモン活性の調節(副甲状腺ホルモン)
  • 体内のビタミンDの変換に及ぼす影響
  • 核酸交換の正規化 - それらの形成に寄与し、出発化合物の合成に関与する
  • タンパク質合成の維持と刺激、それは体のすべての組織と器官の細胞組成の更新に貢献します
  • 中枢神経系の活動の規制への参加
  • 脳機能改善
  • 甲状腺および生殖腺への影響
  • 筋肉成長を促進する
  • 尿中のシュウ酸塩の量を減らし、腎臓病を予防する
  • 脊椎や関節の病気の予防
  • 閉経期における女性の全身状態の安定化
  • 酵素プロセスへの参加
  • テストステロンおよびエストロゲンを含むホルモンのレベルの増加
  • 脂肪、炭水化物、特定のホルモンおよびビタミンの代謝の調節、多数の酵素の活性への影響
  • 甲状腺中毒症患者における主な代謝の減少
  • インスリン血糖降下作用の増加

    ホウ素が成長(特に小児期)および平均余命にプラスの影響を与えるという証拠があります。

    この要素の欠乏はめったに観察されませんが、考えられる原因は次のとおりです。

  • 体内の微量元素の摂取量が不十分です。
  • ホウ素交換規制の違反

    ホウ素欠乏症の最初の徴候は、ほとんどの場合骨粗鬆症の症状と一致します。

  • 割り爪
  • 割れ毛
  • 荷重を受けている関節や骨の中程度の痛み
  • かじり歯

    ホウ素の体内の長期的な欠乏は、骨折の緩慢な付着、不十分な創傷治癒、糖尿病および尿路結石症に対する感受性、ならびに男性および女性の性機能の時期尚早の消滅を伴う骨の脆弱性の増大によって明らかにされる。欠乏症の症状のより完全なリストを以下に示します。

  • 骨発達障害
  • 老人性骨粗鬆症
  • 免疫力の低下
  • 血液の組成の変化(濃厚性貧血および血小板減少症)、脂肪細胞、
  • 結合組織における代謝プロセスの侵害
  • 閉経期の女性における骨粗鬆症の発症
  • 脂肪やタンパク質の代謝の侵害
  • 成長遅延
  • 精神的能力の低下(集中力、注意力など)
  • 眠気の増加と行動反応の遅延
  • 代謝性リン、マグネシウム、カルシウム
  • 性ホルモンの不均衡
  • 関節炎(重度の欠乏症を伴う)、
  • 糖尿病に対する感受性が高まります。

    過剰摂取

    考えられる理由

  • ホウ素薬の過剰摂取による
  • ホウ酸(溶液)が過剰に付着した場合
  • 人為的災害の後の過剰な流れ
  • 土壌または飲料水中のこの物質の含有量が多いため、
  • 泌乳中の女性の乳首をホウ酸の弱い溶液で治療する場合、乳児の中毒の症例が説明されています。

    食物と一緒に過剰のホウ素を摂取することは不可能です。過剰摂取は、添加剤または他の薬としての追加摂取によってのみ発生します。これに基づいて、人は専門家の推薦なしにホウ素を含む薬を服用してはいけません。

    急性中毒の症状:

  • 嘔吐
  • 吐き気
  • 下痢、
  • 持続性の皮疹を伴う皮膚の発疹 - いわゆる「ホウ素乾癬」
  • 無気力。

    慢性中毒の症状:

  • 食欲不振
  • 嘔吐と吐き気
  • 「ホウ性腸炎」の発症を伴う水様便
  • 脱水症状
  • 発疹の存在と皮膚の剥離
  • 男性の精液の悪化
  • 性的活動の減少
  • спутанность психики
  • 肝臓、中枢神経系、腎臓への損傷の可能性
  • 新生児における欠陥の可能性を伴う胚への妊娠中の毒性影響(動物実験)。

    製品の出所

    食物と一緒のホウ素の毎日の消費量は食物の種類によって大きく異なります。

    植物由来の食品、特に かんきつ類、ナッツ類、豆類および葉菜類以外の果物 豊富なホウ素源と見なされます。 サイダー、ビール、ワイン この微量元素もかなりの量で含んでいます。乏しい乳製品、肉や魚。

    以下は、いくつかの製品中のホウ素の含有量に関する情報です。

    ボロンオープン

    長い間、人類は嵐について知っていました、嵐、さまざまな製品の焼成に使われる化合物。 18世紀には、そこからホウ酸が得られ、1808年にフランスの科学者たちが微量元素のホウ素を発見しました。興味深いことに、ほんの数ヶ月後、イギリスの科学者、ハンフリー・デービーが独自に同じ発見をしました。 Louis TenarとJoseph Gay-Lussacが酸からホウ素を受け取った場合にのみ、Humphrey Davyは無水ホウ酸の電気分解のプロセスによって助けられました。

    ホウ素は異なる形で存在することができます - それは少しの色も持っていないかもしれません、赤または灰色です。その形態は結晶質および非晶質の両方であり得る。ホウ素の修飾は、出現する温度によって異なります。

    一日分

    体内のホウ素の一日量は約0.3 mgです。最大平均量は3 mgです。原則として、女性は男性よりもこの物質を必要としていることに注意する価値があります。 0.6 mで十分な場合、女性人口の平均数は1〜2 mgです。

    骨格に関連した疾患、閉経後の期間、および電力負荷の増加により、1日あたりの発生率を上げることができます。ただし、上限の13 mgを超えることはできません。特に高い投与量では、ホウ素は有毒になります。

    デメリット

    体内のホウ素欠乏の主な原因は代謝病理であり、そしてより稀なケースでは、栄養上の問題です。これを避けるために、「健康的な食事」コースを受講してください。

    欠乏症の症状は以下のとおりです。

    • ネイルラミネーション、
    • ヘアセクション
    • 骨や関節の痛み
    • 歯が崩れます。

    これは骨粗鬆症の症状にも当てはまります。これは驚くべきことではありません。なぜなら、この病気はホウ素に関連している可能性があるからです。

    この物質で状況を調整しないと、長期的には次のようになります。

    • 骨組織合成の阻害
    • 骨粗鬆症
    • 免疫力の問題
    • 貧血、
    • 脂肪細胞の変化
    • 代謝の病理
    • 成長遅延
    • 関節炎
    • ホルモンの不均衡
    • 糖尿病

    余剰および外部被ばく

    体内に過剰のホウ素が出現する可能性があるのには、主に3つのグループがあります。最も一般的な選択肢は、この物質を含む薬を服用することです。赤ちゃんは、母親の治療を受けた乳首からホウ素を摂取することで中毒になる可能性があります。

    2番目の選択肢 - 人為的災害の結果としてホウ素が放出される可能性があります。

    第三は、水中のこの物質の含有量に関連しています。水中のホウ素の体への影響は、それが流体中に存在する形は有毒であるため、潜在的に危険です。そのような水を飲むことは胃を刺激します、そして長期の暴露で、ホウ酸性腸炎と重度の中毒は可能です。

    もし災害の結果としてホウ素が空気中にあったとしたら、それはすぐにマイナスの影響を及ぼし始めるでしょう。ほんの少し呼吸するだけで十分で、目や粘膜の刺激が始まります。そしてこれは中程度の汚染です。空気がひどく劣化している場合、それを吸った人は肺に深刻な問題を始めます。

    しかし、ホウ素が単に皮膚に付着しただけであれば、特別な影響はありません。強い濃度の刺激で出現するが、毒素が除去されるとすぐにそれらはすぐに通過する。ホウ素組織との接触から変異しません。発がん性物質でもありません。

    ホウ素中毒は急性と慢性に分けられます。最初の症状は次のとおりです。

    • 吐き気
    • 椅子の問題
    • 皮むき、発疹。

    慢性中毒の症状:

    • 急性中毒の症状
    • 食欲不振
    • 性的行為および精神に関する問題
    • 肝臓、腎臓および中枢神経系の病理。

    量と関連付けられるボディのためのホウ素の利点そして害。それは健康のために重要ですが、それは過剰供給の場合には危険かもしれません。

    食べ物

    あなたは食べ物からこのアイテムを得ることができます。食品中のホウ素はさまざまな量で存在します。それらのほとんどは、豆、野菜、ナッツだけでなく、いくつかの果物が豊富です。動物性製品では、この物質はほとんど存在しません。

    ホウ素は人間の健康の重要な要素です。それがなければ、人々は骨や神経系にさまざまな問題を抱えることになります。ただし、悪影響を及ぼす可能性もあるため、特にホウ素を含む可能性のある水には注意することが重要です。

    このトピックについてのあなたの意見をコメントに書き、それがあなたにとって有用であれば、友人とこの記事を共有してください。ブログを購読すると、先にたくさんの興味深いことがあります。

    また、人体中のアルミニウムとその有益な特性について読むことをお勧めします。

  • lehighvalleylittleones-com